読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自作ジグソー数独のLv24の問1(難しい問題)を解いてみる

今回、自作ジグソー数独6x6の最難関に位置するLv24の問1を解きました。山場がいくつもあったので、その局面の解き方を説明します。数独やジグソー数独が解けないと悩んでいる方は、同じような山場にあたっているのかもしれませんので参考にしてみてはどうでしょうか。

 

まず、Lv24の問1の初期配置はこれです。

f:id:keimina:20141110104736p:plain

 

初期ヒント数は6です。ぱっと見で、3と1は以下のように埋まりました。それから次に埋められる場所がわかりませんでしたが、以下の図のようなテクニック(「未確定状態からの排他」と自分で名づけました)を使うことで4を埋めることが出来ました。

 

f:id:keimina:20141110105128p:plain

 

さらに、すすめていくと以下の局面になり、それも同様のテクニックで解きましたので説明のためのスクリーンショットを貼っておきます。

f:id:keimina:20141110110213p:plain

 

 

f:id:keimina:20141110110234p:plain

結果を見れば、「ああなるほど」とおもうのですが。「っでどこからはじめればいいの?」この理論を展開するための、スタート地点が気になるところだと思います。私の場合、どこから見ていったかというと、数字の個数です。「3が2つあるから3の制約が多い→3が確定する可能性が高い」だから3に注目して3が入る理由を考える。同じように1,2,3,4,5,6全てについて考えていきました。また、間接的なヒントを大事にしようと思ったのです。「この2マスからこの行は5,6は入らないというのは新しいヒントだな」と思ったらそれを常に心においてマス目を見ていったのです。その結果、「未確定状態からの排他」のテクニックを思いつき、そのテクニックを他の箇所にも適応することで山場をのりこえて無事すべてのマスを埋めることが出来ました。